2009年7月、和三盆体験ルーム豆花は誕生しました。

 

菓子木型職人を父に持ち、


菓子木型を家業とする家に育ちながらも、

 

木型とは縁のない生活を送っていました。

 

携帯電話会社での広告制作、洋菓子店での菓子製造、

 

直島の美術館監視員など、

 

そのとき自分がしたいと思う仕事をしていたら、

 

ある日、木型に出会いました。

 

木型が美しく、繊細で、

 

しかも和三盆を詰めて抜くだけで、

 

簡単に干菓子が作れるということに感動し、

 

この木型の素晴らしさを多くのひとに伝えたいと思いました。

 

そして誕生したのが「和三盆体験ルーム豆花」です。

 

豆花の内装は、作家カミイケタクヤ氏によるものです。

 

伝統工芸×現代アートが広がる空間となっています。